ブラック即日融資.COM

ブラック・自己破産・債務整理中・借金などのお金に困っている人が審査なしでお金を借りれるサイト

街金とは。

更新日:

アイフル・アコム・プロミスの審査に落ちた人必見!
金融ブラック・総量規制オーバー・延滞滞納中でも審査なしで融資を受けれます!
スマホやパソコンを使って24時間申込可能!

キャッシングサイトバナー

⇨お申し込みはこちら

 

この記事は近頃さっぱり聞かなくなってきた「街金」について書いています。

街金と言われると闇金のイメージが強いですが2019年現在では昔ながらの闇金はあまり存在していません。

東京や大阪などの大都市なら今でも存在しているかもしれませんが純粋な闇金はほぼ皆無だと思います。

なぜかと言うと大体の闇金は「ソフト闇金」と呼ばれるHP系の闇金に移行したからです。

ソフト闇金は優しい対応をしてくれる闇金業者ですが本質はやっぱり反社会的な危ない連中なので関わってはいけません。

ソフトと名乗ってても結局は法外な利息での貸付や返済されないと乱暴な取り立てをするのがソフト闇金なので見つけても絶対に借りないようにしましょう。

ちなみに闇金の全盛期は1980年代~2000年代初頭です。

けっこう長い期間、暗躍をしていたんですね。

そんな闇金が減少した理由は単純に儲からないからです。

法律が厳しくなったり不景気でキャッシングする人が減ったり警察も容赦なく摘発してきます。

そんなこんなで闇金業者は減っていきました。

だけど代わりに「ソフト闇金」というHP系の闇金が暗躍しています。

闇金融はこちら!

ソフト闇金はこちら!

街金について

街金とは簡単に言うと地域密着型の消費者金融です。

アイフルやアコム、プロミスといった大手の消費者金融以外は全て街金と思って問題ないです。

数十人規模の大きい会社もあれば数人程度の小さい会社まで街金は色々あります。

今でこそインターネットのおかげで全国対応している街金も増えてきましたが基本的には地元向けの金融会社です。

今も昔も変わらずに繁華街や都市の端っこのビルに事務所を構えていたりします。

しかもインターネットが普及している時代なのに未だにウェブサイトを持っていない街金もあります。

そんな街金ですが、きちんと国や都道府県に貸金業者として登録しています。

ただ大手消費者金融より融資限度額は低いし金利も高めだったりします。

しかし審査が甘いので大手から融資を受けれなかったブラックの方がキャッシングしています。

基本的に大手消費者金融はブラックと呼ばれる人にお金を貸しません。

真面目に働いていても一度ブラックに登録されると記録は数年は消えません。

だけどブラックと呼ばれる人たちでも急にお金が必要になることはありますよね。

どこもお金を貸してくれないと犯罪に走ったり最悪の場合は命を絶つかもしれません。

そういった人たちの為に、街金と言われる消費者金融があります。

自分がブラックだったり、大手の消費者金融に通るか不安な人は街金を利用しましょう。

全国の街金をピックアップ!

北海道キャネット
愛知県アロー
大阪府フクホー
京都府ロリエ
神奈川県エイワ
千葉県水戸クレジット
広島県シンヨー
福岡県スカイオフィス
大分県シティクレジットレンツ

以上が全国にある街金の一部です。

本当はもっともっとありますが、それは別の記事で個別に紹介していきます。

ほとんどの街金は1店舗で運営していたり無店舗だったりしますが、北海道のキャネットは道内に8店舗ほど構えていたりします。

神奈川のエイワも日本中に店舗を構えています。

街金の中には大手程じゃないにしても全国展開している企業が存在しています。

金利チェック

キャネット15.00%~20.00%
アロー15.00%~19.94%
フクホー7.30%~20.00%
ロリエ18.00%
エイワ17.9507%~19.9436%
水戸クレジット15.00%~20.00%
マスカットクレジット15.00%~20.00%
シンヨー18.00%~20.00%
スカイオフィス15.00%~20.00%
シティクレジットレンツ15.00%~20.00%

表を見て頂けると分かると思いますが、ほとんどの街金が上限金利20.00%です。

ここで紹介している街金以外もほぼ全てが上限金利を20.00%にしています。

もちろん上限金利が低い街金もありますが、ごく一部です。

ちなみに消費者金融大手のアイフルやアコムは上限金利が18.00%です。

2%をどう感じるかは人それぞれですが長い期間返済をするとかなりの金額になります。

可能ならば金利が低い消費者金融を利用したいですね。

「上限金利20.00%は高すぎだろ!」と思うかもしれませんが利息制限法を守っているので文句は言えません。

街金のメリット&デメリット

街金のメリット&デメリットを簡単にまとめした。

街金のメリット

・小口融資にピッタリ

・審査基準が甘い

・在籍確認をしない街金もある

・ブラックや、訳ありの人にも貸してくれる

・大手消費者金融とサービス内容は変わらない

街金のデメリット

・金利が高い

・融資額が低い

・督促が厳しい時がある

・申込み方法が少ない

・必要な書類が多い

・店舗が少ない

・対応が悪い時が多い

・審査に時間がかかる

・小汚い店舗が多い

・店舗の場所が分かりにくい

・土、日、祝は休みの街金が多い

以上が街金のメリット&デメリットです。

街金を利用する際に注意すること

2019年現在、存在している街金はほとんどが正規の業者です。

ただし正規の業者だからと言っても安心はできません。

過去に大手消費者金融のアイフルが強引な営業や乱暴な取り立てをし社会問題になりました。

大手ですら問題を起こしたりするので、街金ならもっと問題が起こっていても不思議ではありません。

最近では正規の街金が申込みの際に他社を紹介して借りられた金額の数%を紹介料として要求する会社も存在します。

他にも弁護士を紹介してきて紹介料を請求してきたりもあります。

ニュースになっていないだけで、小さいいざこざは起きていると思います。

直感でも何でも良いですが、一目見て嫌な予感がしたら止めておきましょう。

大手もそうですが、街金も昔ほどは儲かっていないので強引な営業を掛けてくる可能性はあります。

危険を感じたらすぐに店舗から出ていきましょう。そして警察へ。

街金を利用する前には、しっかり見極めましょう。

闇金との見分け方

はっきり言って闇金業者を見分ける方法はありません。

しかし敢えて言うなら電信柱やガードレールとかに無断で広告を貼っているのは闇金でしょう。

そんな広告も今となっては少なくなりましたが、たまに見かけることもあります。

それからウェブサイトに記載されている会社の電話番号が携帯電話だと闇金の可能性が高いです。

※2019年12月時点でウェブサイトに携帯電話を記載している消費者金融は見当たりません。

たしかに固定電話じゃないと正規の貸金業としては登録できません。

ですが、それだけで闇金業者かどうかは判断できないです。

固定電話が登録されていても正規街金でも違法行為をしているところはあります。

それに携帯電話を連絡先にしている企業は金融業に限らずたくさんあります。

携帯電話やスマートフォンが当たり前のように普及しているのに固定電話があるかないかだけで判断するのはおかしいです。

いつまでも固定電話に縛られるのは間違っています。

ただ一つの判断材料として固定電話の有無は確認するといいでしょう。

次に「誰でも貸します!」「無審査!」と、でかでかとアピールしている消費者金融も闇金とは限りません。

そんなものはただの謳い文句です。

1人でも多くの顧客を確保するためのキャッチフレーズです。

どこの消費者金融も一人でも多くの顧客が欲しいから大袈裟なアピールもします。

とくに街金は大手に負けないために必死に顧客を確保しようと頑張っています。

消費者金融を利用している人の7割ほどはアイフルやアコム・プロミスなどの大手を利用しています。

残りの3割を中小消費者金融で取り合っているのです。

だから闇金と決めつけるのは止めましょう。

街金もボランティアではないので必死にもなります。

ただ、どうしても不安な人は怪しい街金は対象から外しましょう。

少しでも安心して利用できる大手消費者金融か銀行を頼るべきです。

というよりはお金を借りないほうがいいです。

お金を借りている間ずっと不安になるのではないでしょうか。

どこの金融機関で借りても不安になるんじゃないかなと思います。

返済している間は気持ちが落ち着かなかったりすることがよくあります。

給料日が待ち遠しくて毎日が億劫になります。

もし初めて利用するなら借りる金額は1万円程度にしておきましょう。

キャッシングすることに慣れてきたら利用額を増やせば良いです。

ここで一応、正規の貸金業者か調べる方法を紹介しておきます。

登録貸金業者情報検索サービス

上記のサービスを使うと国が認めた街金か調べる事が可能です。

ウェブサイトに書いてある登録番号で検索したり会社名や住所などで検索することが可能です。

きちんと登録されていれば会社情報などが確認できます。

ただし他の金融機関の情報を利用している悪徳業者もいるので安心して利用できるとは言えません。

以上の事から闇金を100%見抜く方法はないでしょう。

街金に申し込む時に必要なもの&注意点

街金は大手消費者金融と違って必要な書類が多いです。

本人確認書類

・運転免許証、運転経歴証明書(住所変更などがあれば裏面も必要)

・健康保険証(ご本人のお名前、生年月日、住所記載面)

・パスポート(顔写真、住所記載面)

・年金手帳など

・在留カード、特別永住者証明書(両面)

・印鑑証明書

・住民基本台帳カード(住所変更などがあれば裏面も必要)

・住民票(原本)

・国税・地方税の領収書

・社会保険料の領収証書

・公共料金の領収書(電気、ガス、水道、NHK、電話など)

以上の書類が複数必要になる場合があります。

所得証明書

・源泉徴収票(毎年12月に発行される直近のもの)

・給与明細書(直近2ヶ月分)

・確定申告書(直近のもの)

・納税通知書・納税証明書・所得証明書(直近のもの)

・年金振込通知書(直近のもの)

大手消費者金融より非常に手間がかかります。

手間がかかり過ぎて申し込むのを止めてしまいそうです。

一部の街金では収入証明書なしでも融資を受けれるそうですがブラックや複数の金融機関からお金を借りていると不可能です。

総量規制を超えてお金を借りることは不可能

正規の業者である以上は総量規制を超える融資はしません。
ですが地方の街金は別です。
大手に顧客を取られているのでブラックでも総量規制を超えていても融資をしてくれます。
そうしないと街金は潰れてしまいます。
おまとめローンという名目で年収の3分の1以上を融資する会社もあります。

ほとんどの街金で在籍確認はしています

ブラックや訳ありの人にお金を貸すわけですから、ちゃんと働いているのかは大事な審査要素になります。
街金は審査が甘いと言われていても、無職に貸すほど甘くはないです。
収入のない人が返済できるわけがありません。
アルバイトでも生活保護でも良いので収入は得ていましょう。
キャネットの北海道支店は在籍確認なしでも審査に通ると噂があります。

他社からの借入を延滞中

他社からの借入を延滞している人にお金を貸す消費者金融は少ないです。
自社に優先的に返済すると約束すれば貸してくれる会社もありますが厳しいでしょう。
他社から借入していても延滞していなければ融資を受けやすいので延滞はしないようにしましょう。
もし複数社から借入をしていてどうしようもなくなったら「おまとめローン」を使ってください。

街金の審査に落ちてしまったら

審査が甘くブラックでも受かりやすい街金に落ちてしまったら…。

もうどうしたら良いか考えるのも嫌になりますよね。

真面目に働いているのに審査に通らなかった...。

数年前に自己破産しただけなのに審査に通らなかった...。

債務整理中だから審査に通らなかった...。

風俗嬢だから審査に通らなかった...。

数万円で良いのに総量規制のせいで借りれなかった...。

転職したてだから融資を受けれなかった...。

生活保護だから年金受給者だからダメだった...。

人それぞれ色んな事情があると思います。

ちゃんと返済する力はあるのに貸してくれないのはムカつきますよね。

「何の為の金融機関なんだ!」って思います。

本当に困っている時に助けてくれない金融機関なんて潰れてしまえば良いと思います。

一部の人たちが儲かっているだけで、ほとんどの一般人には全然お金が回ってこない、こんな世の中が憎いですね。

お金を持っている連中が全て憎く思えます。

くだらない討論ばかりで全く役に立っていない政治家や、不祥事を起こす政治家ばかり。

テレビで偉そうにしゃべっている芸能人、金持ちアピールをする芸能人はもううんざりします。

政治家も芸能人も全部どうでもいいから「金を貸せと!」「生きるために必要なんだ!」と叫びたくもなります。

と、言いたいことはたくさん出てきますが本当にどこも貸してくれなかった場合はどうしたら良いでしょうか。

一番に頼るべきは親族や友人です。

少額でも頭を下げて全身全霊でお願いしましょう。

そして、給料が入ったらすぐに返済しましょう。

それも不可能だった場合はどうするか。

諦めて人生を終わらせるのか…。

いや人生を終わらせるのはまだ早いです。

どんな人でもお金を貸してくれる消費者金融があります。

審査なし!

スピード融資!

ブラックでも大丈夫!

担保・保証人や緊急連絡先は必要ありません!

申し込みに必要な情報はこれだけ!

ブラック即日融資申込欄の画像

怪しさ満点だけど正規消費者金融です。

面倒なやり取りは一切ありません。

スマホやパソコンから5分もかからず申し込みできます。

急ぎで今すぐお金が欲しい人にピッタリです。

当サイトが紹介している街金より確実にお金を借りれる街金はありません。

あるとしたらソフト闇金くらいです。

絶対にお金が必要な人は当サイトから申し込んでください。

即日融資ブラック

⇨お申し込みはこちら

 

-専門用語
-, , , , , , , , ,

Copyright© ブラック即日融資.COM , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.