ブラック即日融資.COM

ブラック・自己破産・債務整理中・借金などのお金に困っている人が審査なしでお金を借りれるサイト

不動産担保ローンとは?

更新日:

即日融資ブラック案内

不動産担保ローンについて

簡単に言うと、

自宅や土地を担保にしてお金を借りるローンです。

低金利で大口の借入ができます。

ただし、融資まで時間がかかったり返済できない場合は自宅や土地を失います。

ちなみに、消費者金融や銀行のキャッシングカードなどで借りる場合は無担保で借りれます。

なぜ、無担保なのかと言うと借りる人を信用しているからです。

借りる人それぞれに信用力があるのですね。

それによって借りれる金額が変わってきます。

もちろん中にはブラックの方だったり専業主婦や学生など融資を受ける事が難しい人もいます。

でも、不動産担保ローンだと不動産を担保として提供することでローン申込者の信用力と担保として提供した不動産の価値に応じて融資を受けることができます。

担保として提供する不動産は自分名義の不動産だけではなく、両親や配偶者などの身内なら担保にできます。

融資額は借りる方の信用力+不動産の価値なので、まとまった金額の融資を受けれます。

そんな不動産担保ローンですが、いくつかメリットがあります。

・低金利でお金を借りられる

借りた人は低金利で融資を受けれるので総返済額が少なくなります。

・借入限度額が大きい

担保にする不動産価値にもよりますが、無担保ローンと比べて大口の融資を受けれます。

銀行や消費者金融での無担保ローンは最大でも1000万円ほどです。

それに比べて不動産を担保にしている分、億単位で借りれたりもします。

ですが、金融機関によって担保の評価は違うのでご利用される場合はしっかりと調べてください。

・おまとめローンとして利用も可能

借入限度額が大きいため、他の金融機関の借入をまとめることが可能です。

借入をまとめることで管理が非常に楽になります。

金利を下げて総返済額を減らす事もできます。

ただし、自動車ローンは不動産担保ローンよりも金利が低い場合があります。

なので、不動産担保ローンよりも金利が高いローンをおまとめローンにしましょう。

・新しい事業を始める際の資金として利用できる不動産担保ローンもある

銀行や消費者金融のキャッシングやカードローンは、原則として事業資金には利用できません。

しかし、不動産担保ローンなら事業資金として使えるローンも一部あります。

銀行から借入を断られた場合は不動産担保ローンも候補に入れてみましょう。

銀行の借入審査では、法人としての営業年数や、決算状況などを厳しく審査されますが、不動産担保ローンなら銀行よりも審査が甘いので融資を受けれる可能性もあります。

・長期間での借入が可能

まとまった金額の融資を受けても、短期間で返済するとなると、毎月の返済額が大きくなってしまいます。

キャッシングやカードローンみたいに短期間だと非常に困りますね。

不動産担保ローンなら長期での契約が可能なので、無理のない返済をすることも可能です。

一部には最大30年間も借入可能な不動産担保ローンもあります。

と、ここまで簡単にですがメリットを紹介しました。

次に不動産担保ローンのデメリットをみましょう。

お金を返済できない場合は不動産を失う

まず最大のデメリットですが、返済できないと不動産を失います。

不動産を担保にしているので当たり前ですね。

不動産担保ローンの契約をする時に抵当権・根抵当権が登記されます。

この抵当権や根抵当権とは、お金が返せなくなった場合にお金を貸した金融機関が、家と土地を優先的に取り上げることができる権利です。

取り上げた不動産は売られるなり解体されたりするでしょう。

もうそこには住めなくなります。

もし、ローンが余っている場合はローンを返し続けないといけません。

なので、返済はきちんとしましょう。

・利用する際に事務手数料などの諸費用がかかる

消費者金融や銀行のキャッシングやカードローンを利用する際は、利息以外に費用は発生しません。

しかし、不動産担保ローンは登記の手続きなどで諸費用がかかる場合があります。

「事務手数料・不動産鑑定費用・印紙代・抵当権・根抵当権の登記費用」

などの費用が合計で数十万円ほどかかる場合もあります。

数十万円の出費は痛いですね。

・審査・融資の時間が長い

消費者金融のキャッシングなどは、どこも即日融資をでかでかとアピールしています。

大体の消費者金融は30分ほどで審査が終わるので即日どころか申し込んでから30分後には借りられます。

それに比べて不動産担保ローンは審査が長く融資実行まで2週間ほどかかります。

不動産の価値をしっかりと調査して、きちんと査定するには時間が必要です。

時間はかかりますが融資を受ける側としても正しい不動産の価値を出してもらうのは重要です。

なので融資までは時間がかかると思って余裕を持って行動をしましょう。

ザックリとですが、不動産担保ローンは以上です。

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

即日融資ブラック案内

-専門用語
-, , , , , , , ,

Copyright© ブラック即日融資.COM , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.